MITSUBISHI MOTORS

三菱自動車公式中古車情報サイト M・Cネット

クルマ契約時のポイント

プライスボードの見方
クルマを選んだら次に確認するのはプライスボード。
プライスボードには、車両本体価格だけでなく、クルマの重要な情報や保証、整備、オプションなどが一目瞭然となっています。
プライスボードの項目は全てしっかり確認しましょう。


A.現金販売価格
価格表の販売価格は店頭渡し現金販売価格が記載されています。この価格に含まれている費用は車両本体価格とその消費税です。
メーカー系ディーラーぼ場合、一般的には整備費用と保証費用はこの車両本体価格に含まれています。
ただし、税金・保険料・登録料等の付帯費用は含まれておりません。
B.保証
保証の有・無を表示してあります。
「保証付き」の場合は「保証内容※」、「保証期間または保証走行距離数」が付記されています。
※三菱認定中古車保証等
C.定期点検整備実施の有・無を表示
定期点検整備を実施して販売されている場合「定期点検整備あり」と表示されます。
販売(展示)時までに実施された場合は「済」と表示されます。(販売価格に整備費用が含まれます)
販売時以降、車両引き渡し時までの間に実施される場合「納車時」と表示されます。
定期点検整備を実施しない場合「定期点検整備なし」と表示されます。
要整備個所がある場合、そのことが表示されます。
  定期点検整備あり(納車時)の場合で、販売価格に整備費用を含めて表示する場合は「含まれています」、 含めないで表示する場合は「含まれていないことと整備費用の額」が表示されます。
D.初度登録
登録車は初度登録年月、軽自動車は初度検査年を表示がされます。
E.走行距離数
走行メーターのkm数を表示しています。なお、メーターの表示km数に問題がある場合には次の文言が追記されます。
①改ざん車 メーターの走行距離が戻っており、メーター交換を証明する書面が無い場合に表示。
②メーター交換車 メーター交換を証明する書面がある場合に表示。この場合は店頭の展示車には交換前と交換後のkm数両方を表示。当ネットでは累計km数を表示。
③走行不明車 改ざん車・メーター交換車以外で以前から走行不明車扱いで流通している場合に表示。
F.車検証有効期限
有効期限の年月日が表示されます。
G.前使用者の点検整備簿
展示時点から過去2年以内に定期点検整備が行われ、その点検記録簿が展示車両に備え付けられている場合は「有」と表示、その他の場合は「無」と表示されます。「有」の場合、定期点検整備の内容が付記されます。
H.修復歴
車体の骨格にあたる部位の修正および交換歴がある場合は「有」、その他の場合は「無」と表示されます。
I.使用歴
自家用、営業用、レンタカーの区分が表示されます。自動車教習所などで使用したクルマはその他と表示されます。


契約時の必要書類
  クルマ購入 クルマ売却
(下取り)
抹消登録
(参考)
車庫証明書    
印鑑証明書
委任状
住民票  
自動車検査証
(車検証)
 
自賠責保険証書    
譲渡証明書    
自動車税納税証明書  
※表は一般的なケースの必要書類であり、購入や手放されるクルマにより必要書類が変わります。詳しくは店舗スタッフにお尋ね下さい。


車庫証明書
車庫があることを証明する書類です。保管する場所の管轄の警察署で申請しましょう。
印鑑証明書
所有権を留保する契約で(主にクレジット販売)所有者と使用者が異なる場合に必要です。
また軽自動車の登録は住民票のみで行います。
下取車がある場合には住所の確認用として必要になることもあります。
委任状
登録や名義変更等を販売店(営業スタッフ)に委託代行としてお願いする場合に、委任を証明するものです。 販売店にて用意してあります。
住民票
所有権を留保する契約で(主にクレジット販売)所有者と使用者が異なる場合に必要です。
また軽自動車の登録は住民票のみで行います。
下取車がある場合には住所の確認用として必要になることもあります。
自動車検査証(車検証)
自動車検査証は土地や建物の「権利証」に相当するものであり、所有者、使用者のほか規則で定められた事項が記載されています。 車検証と略されます。
自賠責保険証書
使用者は、必ず加入しなければならない保険です。 購入する際に、次回の車検期間を超える期間を加入・契約が必要です。
譲渡証明書
「この車を譲渡します」ということを表す書類です。 売り手がそのクルマの譲渡に合意したことを証明します。販売店に用意してあります。
自動車税納税証明書
車の所有者が毎年の自動車税を支払った納付証明書です。